結婚指輪ってどうしてするの?いまさら聞けない結婚のあれこれ

結婚指輪は愛の誓いの証明

結婚指輪はなぜ必要としているのかが疑問になり、不要なのではと感じている人がいらっしゃいます。ではなぜ結婚指輪を必要としているのかですが、一番の目的となるのが、愛の誓いの証明になります。愛の誓いの証明ならお互い納得すればなんでも良いのではと感じますが、一番適しているのが指輪です。指輪の形は、「円」で終わりがないものという意味を持っています。そのため、結婚指輪には、永遠に愛しますという意味を持つため、日本では結婚する際には結婚指輪を用意することが一般的になっています。お互い納得して他のものが良いのならそれでも良いのですが、結婚指輪には誓いの証明だけでなく他の意味も持っていますので、できれば指輪が良いです。

結婚していると周囲に教えるためでもある

愛の誓いの証明だけでなく、結婚指輪には周囲にパートナーがいると教えるための意味もあります。日本は、一夫一妻制で、結婚しても自由に恋愛をしても良いとしているわけではありません。結婚することによって様々な制限や義務ができてしまいます。そのため、周囲にもあらゆるお誘いを制限してもらうことも必要としています。常に結婚していると言えるのなら良いのですが、しかし言えない時があったり面倒になることもあります。その時に結婚指輪をしていることによって、既婚者だと周りが判断してくれて、あらゆるお誘いを遠慮してもらうことができます。夫婦関係を崩してしまうような誘惑を回避するためにも必要なアイテムだと思っておくのが良いです。