とうとう結婚式!本番に備えて指輪交換をおさらいしよう

指輪交換ってなに?どうやるの?

指輪交換は結婚式の中で結婚指輪を交換する儀式のことをいいます。一般的にはキリスト教式の結婚式で行われていますが、最近では神前式でも行う場合が増えています。諸説ありますが、新しく夫婦となる二人が立てる結婚の誓いを、結婚指輪を交換することで誓いの証にしたことが始まりと言われています。結婚指輪は途切れのない円の形になっていて、永遠の愛を表しています。
指輪交換の一般的な手順は、まず式の中で牧師(神前式の場合は神官や巫女など)が指輪を運んできます。手袋やブーケなどを外し、預けます。新郎が指輪を受け取り、新婦の左手を取って薬指にはめます。次に新婦が指輪を受け取り、同様に新郎の左手薬指にはめます。新郎・新婦が牧師の方へ向き、完了です。

指輪交換を失敗しないために

指輪交換は式の中でも思い出や写真に残る見せ場でもあります。大事な儀式なので絶対に失敗したくないですよね。どんな準備をしておくと良いのでしょうか。
まず、指輪交換に必要なのは二人の結婚指輪とリングピローです。事前に式場に持ち込んでおく場合もありますが、忘れることのないようにしっかり準備しておきましょう。リングピローの指輪の乗せ方やリボンの結び方なども確認をしておきます。式の数日前には念のため、結婚指輪をはめてみましょう。サイズが合わなくなっているなどの万が一の事態に備えます。新郎新婦でお互いに指輪をはめる練習をしておけば安心です。本番は緊張していたり、新婦はウエディングのネイルアートなどをしている場合もあるのでいつもと違う状況を想定しておきましょう。手肌のや爪のお手入れも念入りにしておくときれいに見えて自信が持てますよ。しっかり準備して、素敵な指輪交換にしてくださいね。