両家の顔合わせって必要?その中身と、顔合わせをするわけ

「顔合わせ」って?!

結婚。それは生涯を共にする相手との永遠の誓いでもあります。
2人が結婚を決意したらお互いにどのような父親母親に育てられてきたか気になるものです。
それは親も同じ気持ちでしょう。
結婚が決まり両家とも了承したら早めに親同士の顔合わせをしましょう。

顔合わせの意義とは、両家の家族が挨拶だけではなく正式に顔を合わせ親睦を深め合う場でもあります。
大事な娘さんや息子さんの家族になりますから、お互いの人柄を知るいい機会となります。
顔合わせは親睦を深め合うだけではなく、結納の代わりにもなりとても重要な場になります。
もし、顔合わせがなかった場合、どんな親御さんなのか何も分からず心配になると思います。
顔合わせは結婚をする上で第一歩の通過点になります。

失敗しない!顔合わせで必要な準備!

まず、両家の意見や希望を聞いておくと良いでしょう。 結納の流れを取り込んだ食事会にするのか、親睦を深める事を目的としたアットホームな食事会にするかなどイメージを固めておいた方が良いです。 その次に日程をきめます。顔合わせの食事会は結婚式当日から3ヶ月~6ヶ月前に行うのが一般的です。 もし、お互いの地元が離れている場合は男性側が女性側に出向くのが一般的になりますが、近年ではお互いの中間地点で行う事もあるようです。 両家の顔合わせが出来る場所が確保出来たら次に料理を決めましょう。だいたい1万~から1.5万円が相場です。 そして1番重要なのが服装です。普段着などのラフな格好ではなく、女性なら丈の短すぎない落ち着いた色のスーツやワンピースが好ましいです。男性は黒などのスーツをきるのが一般的になります。 前日に慌てる事のないよう、準備をしておくと良いですね。